未分類

爪水虫の有効的な治療法とは?

爪水虫は水虫が原因で発生してしまう症状です。

爪水虫になってしまったら、どんなタイプの薬での治療が有効的なのでしょうか。

爪水虫の治療方法にはレーザー治療・塗り薬・飲み薬の3つの治療方法があるのですが一番経済的にも安心できる効果ある治療法はどれがいいのでしょうか?

レーザー治療はかなり高額の為、塗り薬と飲み薬どりらがおすすめかを紹介していこうと思います。

塗り薬・飲み薬どちらがおすすめ

塗り薬と飲み薬ではどちらでの治療が向いているのでしょうか。

普通の水虫と違い塗り薬では治すことが難しく飲み薬によって治療をすることが必要となります。爪の異変に気が付いたらできる限り早い段階で皮膚科に受診を受けるようにしましょう。爪水虫は水虫に比べて発見が遅れてしまうことが多く、気が付いた時にはかなり症状が進行してしまっているという事があります。

爪水虫ってどんな症状?

爪水虫は初期の場合は痛みがないので見た目で判断するしかありません。

爪が分厚くなってしまったり、黒や白や黄色っぽく濁ったような爪の色になってしまう、表面に線のようなものが出る、ボロボロになる、変形するなどの症状が出たら爪水虫を疑いましょう。自然治癒は難しい病気です。早期に治療をしないと悪化してしまい治るまでの期間も長くなってしまいます。

初期には痛みを感じることもほとんどなく自覚症状が少ない爪水虫ですが、症状が進んでしまうと痛みを感じたり爪が割れたりという事があります。

靴を履くときなど、圧迫されたときに痛みを感じたり割れてしまったりという事があります。親指にできることが多い爪水虫ですが、治療をしないでいると他の爪や手、そして家族や他の人などにもうつしてしまうことがあります。

水虫のように市販の塗り薬では爪水虫には効果が期待できないことが多いのです。できるだけ早く医師の治療を受ける必要があります。

爪水虫の治療方法

爪水虫は皮膚表面にできる水虫とは違い、爪の奥に感染してしまいます。爪の奥深くにある菌には塗り薬を塗ることは難しく市販の水虫用の薬では効果が出にくいのです。

皮膚科で爪水虫と診断されたら、処方された飲み薬をしっかり服用するようにしましょう。

少し良くなったからと言って自己判断で服用をやめてしまうという事がないようにしましょう。処方された飲み薬を継続してしっかりと服用をすることで完治させることができるのです。

一度感染してしまった爪は、感染前のようにきれいな状態には戻りません。新しく爪が生え変わるまで待つしかないのです。

飲み薬のデメリット

爪水虫は飲み薬が効果がありおすすめだと先ほど言いましたが、飲み薬の場合デメリットとして副作用が出ることがあります。そのあたりも考慮したほうが良いかもしれません。

ただ最近では爪に浸透できる特殊な塗り薬も販売しているので最初はその浸透で人気のクリアネイルショットを使用していった方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です